床下湿気と調湿材(剤) ー 白蟻消毒と床下環境調査.工事店 エコたかはし

ホーム お問合せ (当店の御案内と御紹介)   料金表 (床下工事価格表)   工事概要のご案内 (内容・料金・保証・保険・薬剤等)
リンク
(消費者情報と床下環境)  サイトマップ (キーワードインデックス)   床下環境とお知らせ

白蟻の基本と注意点
  ・シロアリと被害の基本
  ・シロアリ防除と予防
  ・シロアリ駆除と被害と羽アリ
床下湿気の基本と注意点
  ・床下湿気と防湿        ・床下湿気と腐れ
  ・床下湿気とカビ
         床下湿気と換気(換気扇他)  
  ・床下湿気と調湿材(剤)  ・
床下湿気と調湿炭
家屋補強と床下補修の基本と注意点  
  ・家屋補強と耐震補強と床下補修 
白蟻工事のご案内
  ・シロアリ防除(予防)工事
  ・シロアリ駆除(被害)工事
 
床下湿気工事のご案内
  ・床下防湿シート敷工事     床下防腐工事
  ・床下換気(換気扇他)工事 ・床下調湿炭工事
  ・床下調湿材(剤)工事     
床下補修工事と家屋補強工事のご案内
  ・床下補修工事と家屋補強工事(床下補強等)
 

                           


                    床下調湿材(床下調湿剤)と床下防湿



    床下調湿材(床下調湿剤)効果の有無

       床下土壌等(湿気の直接原因)に、床下調湿材( 床下調湿剤 )を敷く場合は
       土壌と接する部分に、防湿処理( 防湿シート、フイルム等 )を施さないと
       効果が無いか逆効果になる場合があるので注意が必要です。       
       (マット製品についても床下土壌と接する下側面が、防湿処理されていなければ同様です)

       床下湿気の直接原因を抑える意味でも、防湿シート代わりに
       床下調湿材( 床下調湿剤 )の包装袋をそのまま開封直置き させるのではなく
       床下土壌全面を 事前に全面覆うことが重要です。
       
       
日本しろあり対策協会  [まかせて安心シロアリ対策より]
       調湿材を用いる場合はまず、地面にポリエチレンシートなどの防湿層を敷設した上に調湿材を設置します。
       過量な調湿材は、床下の通風を妨げたりしてかえって湿気を呼ぶことになります。
        
      
東京都生活文化局  [床下調湿剤等の契約に係る紛争案件報告書]                
       https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kyusai/documents/h_hokoku22_1.pdf#search=
       '%E5%BA%8A%E4%B8%8B%E8%AA%BF%E6%B9%BF%E5%89%A4%E7%AD%89%E3%81%AE%E5%A5%9
       1%E7%B4%84%E3%81%AB%E4%BF%82%E3%82%8B%E7%B4%9B%E4%BA%89%E6%A1%88%E4%BB%
       B6%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8'


       https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kyusai/documents/h_hokoku22_1.pdf#search
       

    床下調湿材(床下調湿剤)と乾燥過多

       床下調湿材(床下調湿剤)等の過度の敷設により、逆に床鳴り、きしみ等の
       原因になる場合が有ります。

    床下調湿材(床下調湿剤)と製品

        床下調湿材(床下調湿剤)製品も多種多様あります。
       人工物・天然物、半永久的でないもの、吸放湿能力が劣る等の
       各種床下調湿材(調湿剤)により性能が違ってきます。

    断熱効果と他効果

        製品によっては断熱性や脱臭作用もありますが、基本的に白蟻対策とは関係ありません。



                   床下調湿材(床下調湿剤)と床下防湿の注意点



    床下土壌、直接敷設による結果

       湿気の多い土壌面等に、床下調湿材(床下調湿剤 )を直接敷いた場合
       土壌からの湿気を吸い続け(地下水蒸気を逆に誘引)、高含水率( 飽和状態ー濡れた状態 )になり
       結果的に床下貯水材(剤)となります。

    床下土壌、直接敷設による逆効果

       上記、高含水率( 飽和状態ー濡れた状態 )になった 床下調湿材(剤)=床下貯水材 (剤)から
       逆に以前の床下土壌露地より蒸散面積が広い分、湿気(水蒸気 )が以前より多く蒸散され
       床下調湿材(剤)を敷く以前より逆に床下が蒸れてしまいます。
 
       結果的に床下の湿気を助長し、逆効果になる場合がある為
       原則的に、敷く前に防湿処理の検討や注意が必要です。

    床下調湿材(床下調湿剤)と製品       

       吸湿作用のみで、放湿作用の無い床下調湿材(床下調湿剤)や
       吸放湿能力の低い床下調湿材(床下調湿剤)も有りますので、製品への注意検討が必要です。
       
       各製品により若干成分が異なりますが、現在市販されている床下調湿材(剤)用 成分素材としては、
       主に下記があります。

       ・シリカゲル  従来からの乾燥剤です。調湿作用としては一過性的です。

       ・ゼオライト   ペット用のトイレ砂(ネコ砂)等に用いられています。
                一般的にシリカゲルよりは効果があります。 

       ・トバモライト  建築外装材のALC材(軽量気泡コンクリート)等に使用されています。
                調湿・消臭・断熱の効果があり、おおよそゼオライトよりは効果があります。                 

       ・珪藻土    珪藻土は古くから七輪等の素材 に使用されています。
                調湿・消臭・断熱の効果があります。                                  

    乾燥過多と時期的な結露

       床下の湿気があまり無い状態で、床下調湿材(床下調湿剤)を適用量以上敷設すると
       過度の床下の乾燥を招き、床鳴り、きしみ等の原因になる場合がありますので注意が必要です。
       又、含水率が高い木材を急激に乾燥させる場合にも 注意が必要です。