シロアリ防除と床下予防 ー シロアリ防除と床下環境調査.工事店 エコたかはし

ホーム お問合せ (当店の御案内と御紹介)   料金表 (床下工事価格表)   工事概要のご案内 (内容・料金・保証・保険・薬剤等)
リンク
(消費者情報と床下環境)  サイトマップ (キーワードインデックス)   床下環境とお知らせ

白蟻の基本と注意点
  ・シロアリと被害の基本
  ・シロアリ防除と予防
  ・シロアリ駆除と被害と羽アリ
床下湿気の基本と注意点
  ・床下湿気と防湿        ・床下湿気と腐れ
  ・床下湿気とカビ
         床下湿気と換気(換気扇他)  
  ・床下湿気と調湿材(剤)  ・
床下湿気と調湿炭
家屋補強と床下補修の基本と注意点  
  ・家屋補強と耐震補強と床下補修
白蟻工事のご案内
  ・シロアリ防除(予防)工事
  ・シロアリ駆除(被害)工事
 
床下湿気工事のご案内
  ・床下防湿シート敷工事     床下防腐工事
  ・床下換気(換気扇他)工事 床下調湿炭工事
  ・床下調湿材(剤)工事    
床下補修工事と家屋補強工事のご案内
  ・床下補修工事と家屋補強工事(床下補強等)
 

                           


                   シロアリ防除(白蟻防除と床下予防)



     ● シロアリ防除と予防ー新築と保証期間

        シロアリ防除( 白蟻防除 )の予防(被害の無い場合)は
       新築時に シロアリ防除( 白蟻防除 )の予防がされているか、又工事不要かになります。
       きちんと作業されていれば、殆どの場合 薬剤メーカーの保証5年間は問題ありません。

    シロアリ防除と予防ー薬剤

       シロアリ防除(白蟻防除 )の予防においては
       木部用薬剤よりも土壌
用薬剤の方が 将来白蟻被害を出さない為に重要です。

       木部用薬剤の本来の目的は、 シロアリ駆除( 白蟻駆除 )に用いる為のものです。

    シロアリ防除と予防ー浴室とベタ基礎

       シロアリ被害の一番多い浴室の予防においては、ユニットバスにすることが第一です。
       又、床下をベタ基礎等にした場合も、床下が土壌に比べて被害が相当少なく(準予防)なります。



                  シロアリ防除(白蟻防除と床下予防)の注意点



     ● シロアリ防除と予防ー新築施工

        新築現場では、シロアリ被害が起こりそうな場所を想定し、
       その箇所を重点的にシロアリ防除( 白蟻防除 )処理をすることが重要です。
       又、不要な場所や、必要最低量の散布といった薬剤知識も必要になってきます。

     ● シロアリ防除と予防ー土壌処理薬剤の重要性と木部処理薬剤

        特にヤマトシロアリ防除( 白蟻防除 )の予防だけであれば
       土壌用薬剤だけで十分効果があり、木部用薬剤は不要という事になります。

        木部用薬剤には防腐性もありますが、本来の防腐剤に比べ長期保存性はなく
       防蟻性においても(特にイエシロアリ)、完全に予防できるものではありません。

       全くシロアリ被害の無い新築への木部用薬剤散布( オレンジ色等 )は
       特にヤマトシロアリの場合、防腐性・防蟻性両点から 有効性や人的環境に疑問が残ります。 
     
       ヤマトシロアリとイエシロアリの予防処理方法についても、分別して対処していきます。      

    シロアリ防除予防ー建物メンテナンス

       水漏れ(玄関や浴室タイルの亀裂や配管等から)や雨漏り等、
       二次的要因でシロアリ( 白蟻 )被害にあう場合があります。
       特に浴室タイルの亀裂による水浸み込みは、
       シロアリ( 白蟻 )被害と床下の腐れがよくありますので、日頃からの注意が必要です。

     ● シロアリ防除と予防ーゴキブリ防除

       基本的に、 シロアリ防除(白蟻防除 )とゴキブリ防除とは直接関係はありません。
       シロアリ防除( 白蟻防除 )工事の当初はいなくなりますが
       その長期持続効果の程は、あまり期待できません。